男性をEDに追い込むセリフ

もしEDになったら薬で治す

EDは決して恥ずかしい症状ではありません。昔はEDの原因自体がよく知られておらず、インポテンツとも呼ばれていました。ペニスに問題がある病気だと考えられていましたが、後に血行障害が原因であるとわかりました。肥満体の方にEDの割合が多いのは、適正体重の方と比べて血流が悪いからです。体脂肪を沢山溜め込んでいる状態なら、血液も汚れてしまうのは当然です。性的興奮を覚えてもペニスの反応が悪くなり、また勃起力を維持できなくなります。挿入したとたんに萎えてしまい、中折れして復活しない経験をお持ちの方も多いでしょう。パートナーの女性に対してまったく性的興奮を覚えなくなれば、立たなくなるのは自然なことです。しかし、性的興奮があるのに立たない状態は正常とは言えません。医療機関で検査を受けると、ED治療薬を処方されることが多いです。日本で処方される治療薬は3種類あり、医師が選んだものを処方されます。自己判断で服用したい薬を選ぶことはできません。人によって処方できる薬、できない薬があるからです。ED治療薬は即効性がありますが、これだけでは完治しません。原因となる生活態度を改善していく必要があります。よく指摘される例としては、慢性的な寝不足、ストレスの蓄積、喫煙、食習慣の乱れなどがあります。肥満などの生活習慣病を招く習慣は、EDにも悪いと考えていいでしょう。根本からEDを治すためには、生活改善が欠かせないのです。例えば、肥満の治療をするために、肥満の治療薬を飲みながら暴飲暴食しても痩せないでしょう。それと同じく、EDを治療するためには薬を服用しつつ、生活を改善しないといけません。初期の症状であれば、薬を服用せず生活改善だけで治ることも多いです。